苦しい鬱の症状は心療内科に相談する|メンタルのケア

ドクター

工夫して精神病予防

男性

病気を詳しく知る

鬱は近年増えてきている精神病の代表的な病気です。鬱というと、名前は聞いたことがあるものの具体的にどういった症状が発生するのか、あるいはどのような症状で困るのかわかりにくいと感じている人も多いと言われています。多くの精神病は目に見えず、数値として表現しにくい病気であるため視覚的に確認する事ができず一般の人にはなかなかわかりづらい病気のひとつであるとも言われます。鬱の特徴は中長期的に判断する必要があるため、最初は家族が一番気がつきやすいという特徴があります。その次に職場関係の人や友人などが気がつきやすく、人との付き合いの距離感が深まると次第にその人の本質的性格が見えてくるためわかってくるのです。鬱の特徴としては暗く落ち込んだ期間が長く続いてしまうため、やる気が出ない、努力が続かない、睡眠時間が長すぎたり短すぎたりしている、食事をほとんど食べなかったり食べ過ぎたりしている、といった症状がよく現れるようになります。一見すると普通の人でも上記のような特徴を持っても気にせずに生活している人も少なくはないため、鬱である事に気がつかない場合もあります。鬱病である場合には、病気の症状によって周囲の人が困惑してしまったり、社会的な損失を生じてしまったりする場合がある事です。鬱の症状が長く続くとやがて病的な雰囲気に変化してゆくことがあります。なぜ病的な症状へと次第に変化するのかというと、考えられる理由としては次第に自信を失っていってしまうためという理由もあるでしょう。自分の性格が原因によって周囲の人が困っていたり迷惑をしたりしている事に気がつくと自己評価が下がってしまいます。これによって自分に自信を失うきっかけを作ってしまうこととなり行動に自信を失ってしまうのです。こうした悪循環が繰り返されると鬱病を引き起こすこともあります。

無理せず休養が大事

鬱病に繋がるような病的な悪循環のパターンが発生した場合には、できるだけ無理をしないようにしましょう。鬱病を含む全ての精神病において、休養を取ることが非常に効果的であると言われています。そのため自分の性格や行動が原因でうまくいかなくなってしまっていると感じた場合には休養を取ることも考えましょう。周囲との対人関係や交際から一時的に距離を置いて、自分だけの空間でゆっくり休養を取ることも大切です。休養は仕事の能率を高める際にも重要だと言われており、ゆっくりと体を休める事は健康的な生活を送るために必要不可欠な時間でもあります。健康的な生活を送るためには適度な休養がそれだけ大切で、こうした理由からも精神病の予防や改善にも効果があるとされています。また自分自身と向き合って人間関係などの情報を整理することは、今後の人間関係におけるコミュニケーションの改善のためには有効的です。一旦人と距離を置く事で、次回に人と会うときにより良好なコミュニケーションを取る事ができれば自信に繋がります。自信が付いてプラスの循環が生まれ続けると、無理に治療ばかりに頼らずとも鬱病を改善する事もできるのです。もちろん医師の診断をメインに治療を続ける事は、鬱病の治療には非常に重要な事です。しかし自分の病気を治すのは最終的には自分自身である事も忘れてはいけません。薬物療法やカウンセリングの結果をより良好なものにするためにも、普段から栄養状態をチェックしたり必要十分な休養を取り、信頼できる人間関係を大切に築いてゆく事は、鬱だけではなく他の精神病の予防対策にも重要な事であると言えるでしょう。