苦しい鬱の症状は心療内科に相談する|メンタルのケア

男性医師

工夫して精神病予防

男性

鬱病の改善や予防方法について解説しています。鬱病は病気の症状を詳しく知ることで予防や改善に役立てる事ができます。万が一鬱病の治療が必要になった場合には不安を感じますが、ここでは個人でも対処する事ができる精神病対策の方法についてまとめています。

Read More

悩まないで相談しましょう

相談

家族の協力が必要です

人間関係に苦しんだり、悩み事が長期に続くとストレスが慢性的に溜まり、抑鬱状態が生じる事があります。何か気分転換をしたりしっかり睡眠をとることで解消できる場合もあれば、何をやってもうまくいかなくなったり、やろうとする意欲そのものが減退してしまうこともあります。鬱病は二週間以上抑鬱症状が続き、身体的不調を訴えることで自覚する場合が多くあります。日々の生活環境が忙しすぎて自分がかなり無理をしていることに気が付かないでいると、原因不明の頭痛や睡眠障害、食欲不振などが現れます。内科を受診しても臓器に対して特定の原因が見つからず、精神的ストレスを疑い心療内科の受診を促されることがあります。本人は不本意だと感じる場合もありますが、ほっておくと生活に支障が出るほど悪化してしまうことがあります。知らぬうちに装いや言動に変化が表れ、自分ではどうにもコントロールできなくなるところまで症状が悪化すると、脳内では神経伝達物質がうまく稼働していない場合があります。ノルアドレナリンやセロトニンは人の感情面を司る神経伝達物質です。これらがうまく働かなくなると表情が無くなり、意欲が低下したり直前の物事を忘れやすくなったりします。気軽に相談できる相手がいる場合には悩みを吐き出して、周囲の協力の下心療内科へ受診するとよいでしょう。出来れば一緒に受診してもらうことで心の支えとなり、不安を抑制することができます。治療は長期間掛かるために信頼できる通院しやすい場所を探すことも大切です。

専門医と相談しましょう

鬱症状が発症した場合には、職場の上司に相談する必要があります。休職も視野に入れて本格的に治療をはじめましょう。程度は重くなると自分一人では回復が難しくなります。専門の臨床心理士の力を借りて、マイナス思考になった物事の考え方を修正させる必要があります。カウンセリングは薬物療法と共に行われます。神経伝達物質の働きを改善させるために抗鬱薬を投与します。多種にわたる抗鬱薬は副作用を考慮したものが開発され、自己の体調に合わせて選定してもらうことができます。投与した抗鬱薬が効かなくても、違うものに切り替える事で効果が期待できます。治療中は安静に過ごすことが大切です。睡眠も充分にとらないとなかなか改善していきません。睡眠不足や睡眠のとりすぎは鬱症状を強めてしまう場合もあり注意が必要です。家族にうつ症状を引き起こした人がいる場合には過度に励ましたりすることはせず、専門医に今後の対応をしっかりと確認しましょう。意欲が湧かないことに叱咤激励することで更に追い込まれてしまい、最悪の場合自殺願望を持つことがあります。薬物療法とカウンセリングによる精神用法を行うことで徐々に回復に向かっていきます。家族は協力しながら全員で乗り切っていきましょう。更年期障害がひどい中高年は鬱症状を引き起こす場合もあり、高齢のせいと諦めることなく前向きに治療を行っていく必要があります。更年期障害の原因でもあるホルモンバランスの崩れを整えつつ、心療内科に通院していくと早期に回復していきます。

受験勉強から発病

下を向く女性

最近の子供の中では受験鬱という、受験勉強を続けるあまりに精神的に追い詰められて鬱病となってしまう子供が多くなってきています。受験勉強をするためにも勉強しやすい環境づくりを周囲の大人はしていかなければなりません。

Read More

適応障害ともよばれる病気

ドクター

鬱病の中でも新型鬱病という病気が一時期知られてくるようになり、しかしその症状から人によっては怠け病と勘違いされるケースもあり、周囲の理解をなかなか得られずに苦しむ人も存在していますが新型鬱病は立派な病気なのです。

Read More